たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

あべのハルカス、はダメだと思う、根本的に。

先日、久々に夕方のニュースを見た。
あべのハルカスが予想以上に人が来ず。
外国人向けのラウンジを作った、と。


経営戦略として、ありえない。
というのが見た瞬間の感想だ。

外国からの玄関だと、関西国際空港になる。
大阪湾に浮かぶ人口島空港である。
そこからの交通手段として、バス、鉄道、タクシーが考えられる。バスであれば、大阪市内の主要地域(梅田、難波、天王寺)に行ける。鉄道は大きく、JRと南海電車がある。JRは天王寺を経て環状線に入る流れ、一方で南海電車は難波に入る流れである。
つまり、あべのハルカスのある天王寺に必ず入るルートだけではない。天王寺に入るのであれば、ビジネス目的か、天王寺からでしか移動できない地域となるだろう。

まず、ビジネス目的は実質ありえない。
オフィス街ではないからだ。
一方で、外国人が多く訪れるだろう京都であれば、圧倒的に梅田を通る。そして、その梅田で十分、ショッピング等が済んでしまう。天王寺からでしか行けない地域は、それこそ天王寺しかない。かといって、天王寺にはいっさいのオリジナリティーがない。さらに、ショッピングするにしても選択幅がまったくない。
梅田なら、数多ある百貨店に、商店街、地下街がある。難波なら商店街、地下街がある。では、天王寺は?

ありふれたモノばかりで、かつ移動性を考慮すると、微妙でしかない。

たとえ日本一高い、を謳っても、謳ってもだ。
世界一なら客を引き寄せるだろうが。

そういうことをふと思った、あべのハルカス



どうすれば客を呼べるか。
国際会議を行える規模のハコを建てる、とかして。梅田や難波ではできないことを街全体でやらないとダメなように思う。