たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

何度目かのbirthdayで思うこと

先日誕生日だった.
しかし何度目の誕生日なのかを把握していなかった.
あるいは、なんとなく20代後半であることだけはわかっていたので、面倒くさいから25でいいや、と納得していた.その日に飯を食った知人から、本当の年齢を言われて自分の年齢を確認した.

よく考えるとこの数年、書類に年齢を書く機会もなかった.
生年月日は書く機会があっても、年齢を書く機会はなかったわけで.

年齢なんてどうでも良いやと思っている.
20代にもなっていないけど人生経験豊富な人や、一方で40代でも経験がないというか知識の浅い人間なんかも周りにいて、年齢という指標は今ひとつ使い物にならないな、と感じる.
単に彼ら自身の表現能力に依存している節もあるが.

きっと数年後でも、20代後半だと思ったまま過ごしているように思う.