たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

10年

今週のお題「10年」


10年前。
僕は無謀にも、京都大学の工学部・工業化学科に行きたいと思った年だった。

それより前。小学生の頃は、歴史好きが高じて「歴史学者になりたい」と小学校の卒業アルバムに記載していた。その頃には、薬学にも興味を持っていたりしたが、中・高で「化学」にどっぷりハマった。
自分が飽き性であり、やりたいことがわからない間は広い選択肢が選べそうだ、という点も兼ねて、化学をもっと学びたい(当時であれば、有機化学)と思っていたのが16歳の頃だった。
歴史好きの中で、科学史にも興味が移っていった。その中で、ノーベル賞受賞者が日本一多いという安易なことから、上記の考えにいたった。


結果として、無理だった。
しかし、論文を出せたし、学者というものが何なのか、をあの頃よりはわかっている、と思う。あるいは、化学の最先端を少しは知っているように思う。


そんな10年だったけど。
次の10年で僕はどうなっているだろうか、はたして。