たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

自由について。

人を殺す自由が認められるのならば、彼らの聖地に核を落として根絶やしにすることが認められてしまうのではないか。

フランスでのテロ事件についてふと思った。。。

信仰を否定されたからといって、人を殺害して良いのなら。逆に、聖地を破壊されても文句は言うまい、と思うのだが。

かの宗教について、信仰者がすべて暴力に依存しているわけではないことは知っている。
だが、一部の暴力の結果として、信仰そのものに受けるダメージ(非信仰者のネガティブイメージ)を考えれば、暴力に訴えることなどなくなるのではないか。
幾分に仏教観でしか論じれないが。

表現の自由もそうだが、テロリズムにも自由はあるのか。暴力の自由が認められるのならば、自分の信仰における聖地に核弾頭一発も自由になる。しかも核保有国は残念ながら、キリスト教国家が並んでいる。。。