たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

Japanese workers just play the Omamagoto, like children.

スーツを着て仕事をしたつもり。
朝から満員電車に揺られて、どんだけ働いても報われない。

社会でいけば、一人当たり名目GDPが世界一にはならない。
個人でいけば、給与は上がらない(マルクス資本論」)。

そもそも経済学部にいるくせに、資本論を読むことなく、ウェイウェイ言ってる奴らが大卒=リーダーとなるわけだから、報われないのも当然だ。


では、どうすればよいか。


同じであることを否定する。

皆と同じように、スーツ着る。
本当に働いている人もいて、働いているつもりの人間が多数。だから、益が出ない。一人当たり名目GDPが世界一にならない。

就業時間を同じにして、一人当たり名目GDP上がるの?
できてないじゃない。


他者と同じことなんて、小学生でもできる。
つまり、「働いている」と宣う大多数の人間は、おままごと。

そのおままごとに興じるのに、満員電車で苦痛感じるって、楽しいのか。楽しいわけがない。

だから、スーツも、就業時間もすべて否定されるべき。就業時間みんな一緒て、小学生の授業ですかね。