たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

「環境のために」は本当に必要なのか。

皆が皆、盲目的に「環境問題とライフスタイル」を一定方向に見る姿勢が、すごく気持ち悪い。

食物連鎖の生態ピラミッドにおいて、最上位に位置するヒト(原則的に捕食されていないから)は、その数が多いコト自体が環境負荷なのではないか。
環境問題についてヒトのライフスタイルを否定する論者が真っ先に生きるコトを放棄するのが、最良な選択である。

つまり、環境負荷があるから電気を使わないように主張する前に、君一人が亡くなる方が環境には有意義じゃないのか。

そういう観点から見ると、環境問題を否定的に論じるのは単なるヒロイズムで。僕は大嫌いだ。

そんな主張する前に死ねばいいのに、と思うのだ。