たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

ジャンケンで勝つ方法についての研究

Scientists find a winning strategy for rock-paper-scissors | Ars Technica

おもしろい論文を見つけた。
ジャンケンで勝つ戦略についての研究。

360人の学生を6つのグループに分けて、ランダムにペアを作らせて、300回ジャンケンをさせた実験。勝った場合には、少額の賞金を与える(ただ単なるジャンケンではなく、意味のあるジャンケンの形式にするため)。
研究者らは、勝った場合、負けた場合に次にどの手を出すのか、を検証したそうだ。

勝った場合、次に出す手が同じである確率は、別の手を出す確率よりも高い。
つまり、グーで勝ったら、次もグーを出す確率が高いそうだ。
(※単純に、グーを出した後で出せる手はチョキ、パー、グーと3通りあって、その中でただ一つの同じ手、グーを出すコトの確率が高いって、意味あるね)

2回以上負けた場合、別の手を出す確率が高まる。
しかも、前回に勝てた手を出す確率が高い。
つまり、グーで負けた(相手がパー)ときには、次にチョキを出す可能性が高い。

これを「勝手維持、敗手変更(win-stay, lose-shift)戦略」と名づけたそうな。