たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

他者と一緒に何かをすることを避けているのか。それともできないのか。

私(幼少)と他者

保育所~小学校にかけて、友達と遊んだという記憶はほとんどない。
しいてあげれば、ゲームの得意なA君と遊んだくらい。
しかも、N64の「ゴエモン ネオ桃山幕府の踊り」だったか、の最初のロボ戦をクリアできなかったから、彼にクリアしてもらった程度。実際には、そこに「一緒に遊ぶ」という感じはなかった。
ほとんど一人で遊んでいた。
虫を捕まえたり、レゴ遊びしたり、ゲームしたり、そんでもって塾に通うくらい。

私と他者(承前

中高に入っても、学校終わりにどこかへ遊びにくりだすことはなかった。
別に、そういう人もいるんだな、程度の認識だった。
私自身が、そういう人間ではないことに何ら疑問を感じなかった。

ただ、化学実験などでグループワークがあっても、特にグループで何かをしようとした覚えはない。
たぶん浮いていたと思う。
「体育」の授業なんかでもグループを組むことがあったら、基本的に『アンチ体育』な人間のグループで適当にやりすごしていた。

好きなスポーツも水泳で。非グループワークである。
逆に、グループを組むスポーツが全般的に嫌いであった。

私と他者(大学)

大学が化学系なので、実験の授業がそれなりにある。
グループワークがそれなりに増えてくるわけだが、特にグループを組むことなくやり過ごしてきた。
実験なんかだと、一人でこなすものが多かったのが幸いした。
他にもグループ組んで、何かを調べて、それを発表する形式の授業があった。そこも、ほぼ独断でプレゼン作っていった。相変わらず、グループを組めない人間であった。

私と他者(今)

最近になって、研究のグループワーク性というものを改めて意識するようになった。
というのも、バイト先の後輩さんが、バイオ系の研究をしていた。そこでは、数人でグループを組んで卒論を仕上げていたそうで。それを聞くと、「自分には無理だな」と。

実際に、研究室生活だが。
運良く人とグループを組んでの実験がない。
一人一テーマのLabなので、グループワークと無縁である。
またテーマもLabの中心的テーマとかけ離れているので、共同で何かをすることもない。



しかし、この人生を選んでることに恐れがある反面。

逆に、自分には無理なのかな、とあきらめがついてる。

グループワーク経験まったくもって、ないんです。

グループの中でどう振舞うか、なんて知るか。

人の意見を尊重する、って何ですか。