たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

自己否定。

何をしたいのか。よくわからなくなってきた。
よくわからないのだから。誰にも説明できない。
動きながら考えれば、って。
自分がいったい何をすればいいのか。わからない。

自分の行動に、客観的に「なぜ」をぶつけていくと、なぜなんだろう、で止まって。答えられないコトに嫌悪。無能すぎる己に幾許の価値があるのか。価値なき存在は無意味。もう私は電池切れ。枯れ井戸はそっと蓋を閉められるだけ。そして、忘れさられたらいい。
何もしない瞬間がほしい。けど、立ち止まったら、蓋を閉められて何も変わらないように思えて、答えのない永遠の問いに嵌る。

ずっとずっと。自分が何なのかわからないままで。そこに満足のいかない解を与えて妥協できればいい。けど、そんな器用じゃない。そういう存在に嫌悪。


簡単に言えば。
私であることに疲れた。
もうなにもしたくない。

言葉で綴らないと、あふれるくらい、自己否定しか生まれません。