たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

今週の思考整理

Facebookに自分が投稿したモノとそれをまとめなおした。

・社会
・映画と本
・言葉遊び
・自己分析
・実生活



社会

就職活動スタート時期を統一する意味は何?
いつまで小学生やってんだろうなwww

 ニュース記事で「就活スタート時期を遅らせる」を見た時期だったと思う。なんで統一するんだろうか?という疑問。小学生、先生に言われたコトを言われた通りにみんなでする、ということで皮肉ってみた。

 

就活でうつにならないための本

就活でうつにならないための本

直接会わないと話にならないってのは石器時代の文化だ。チャットツールで会うという負担は減る!google docsでチャットツールでないかな。会議でわざわざ議事録つけなくていいんだぜ。超クール。

 たしか、担当教官に叱られた日。
 なんとなく思ったのが「直接会わないと話にならないって、どんだけ昔の話なんすか」と。叱られてるのに、なお反発するのが私クオリティ。
 で、この時にはLINEを思っていたんですが、LINEってプライベート寄りだなー、と。
 そこで思い出したのが、google docs
 「文章」作成ツール=MSのWordみたいなモノ。
 クラウド化されて、共有した人同士で文章をいじっていける点にピンときた。
 というのも、理系で論文を投稿する時って、担当教官に添削してもらうことなどが多くある。
 その時に、既存のMS wordだとメール添付、送信、という手順を踏まないといけなかった。
 これが解消される。
 これを思い出して、google docsならばLINEよりも公的に見えるんじゃない?という発想。
 
 

Google ドキュメントポケットガイド ~無料で使えるクラウド オフィスアプリケーション~

Google ドキュメントポケットガイド ~無料で使えるクラウド オフィスアプリケーション~

いっしょにとれーにんぐ026、は児ポ違反なのか?

 「いっしょにとれーにんぐ」シリーズ。
 DVDを鑑賞して女の子と一緒にトレーニングしよう、と。
 少しエロ目線な作品。
 だと、思っていた。
 ふとニュース記事で見た時に、このシリーズの主人公が16歳と知った。
 そこで、児童ポルノになるんじゃね?と。

言葉に感銘を受けた。
は、その語り手への憧憬にすぎない。
言葉が大事なのではない、人が大事なだけである。

 facebookの知人が、とある言葉に感銘を受けた的な話をしていた。
 しかし、その話の主題を読むと、単にその言葉にないじゃん、と強く感じた。
 ずっと薄々感じていた事だったけど、確信。

Money solves every problem...because our lives are based on it! At thinking values, we say "how much?"

 お金で何でも解決できない、って話見て思ったコト。
 本当にそうなの?と。
 例えば、就活。
 コネ入社なんてのがあるように、要するにお金でどうにかなるじゃん、と。
 そんなわけで、お金で何でも解決できない、わけないじゃんと思った。
 ま、数千万円とかじゃ無理だろうけどさ。

労働をすべてコンピューティングにさせる時代になったら、コンピューティング=奴隷、と見なして、ヒトは苦役から解放される。

 
 これはずっと考えていること。そのうちまとめる。

昼休みが12時半前後に設定されていること多いが、ヒトの食欲って一定なのか?って話。もっとフレキシブルであってもいいと思うんです。(研究室単位で昼食を食べる文化への疑問)

 研究室単位で昼飯を食うところに疑問を感じていた。
 沸々とそれを考えているときにひらめいたのが、これ。
 なんで昼休みは一定時間に設定されてるんだろう?と。
 そもそも食欲は一定なのかよ?と。これも、そのうちまとめる。


映画と本

きたがわけいこかわいい@パラダイスキス

 パラダイスキスを見た。率直な感想。

 

パラダイス・キス [DVD]

パラダイス・キス [DVD]

「被取締役 新入社員(安藤祐介)」
「憂鬱でなければ、仕事じゃない(見城徹藤田晋)」
「珈琲屋の人々(池永陽)」
「人間の性はなぜ奇妙に進化したのか(ジャレドダイアモンド)」

 読みたい。(お財布的に買えない)


言葉遊び

論理性って前例に倣うなら有効だけど、前例を潰すなら非論理もいいんじゃない?
スタバなのに、梅肉フラペチーノウーロン茶提供してみるくらいの。

 いろいろフラペチーノについて知らないまま書いていた。けど実は・・・。
 フラペチーノを探す旅。 - 点睛欠語

NBAMBAの違い。NBAは身体でかい人らのボール遊びしてる団体。MBAは頭でっかちの人らの言葉遊びしてる団体。

 なんとなく思いついた。
 NBAMBAって似てるんじゃね?と。
 そもそもMBAがあんまり好きじゃなくて、カタカナ語でペラペラごまかしてる印象しかない。

 

MBAが会社を滅ぼす マネジャーの正しい育て方

MBAが会社を滅ぼす マネジャーの正しい育て方


方向性の違いでスパッとやめれるのがバンドマン。方向性の違いあっても渋々受け入れるのがリーマン。

 
 単純にサラリーマン(あえて、ビジネスパーソンをこう呼んだ)批判をしたかった。
 同時に、バンドマンって音楽の方向性が違うからってことで解散してるなー、と。
 これが重なって思いついた。

 

一億総ガキ社会 「成熟拒否」という病 (光文社新書)

一億総ガキ社会 「成熟拒否」という病 (光文社新書)



自己分析

夏眠ing out(かみんぐあうと)します。もう、痾呶退(たいあーど)

 いろいろ疲れている中で、思いついた言葉が、夏眠ing out。
 カミングアウトに、夏眠を重ねただけ。なんか、いろいろ世の中から消えたかった。
 ・退=まさに消える、退出
 ・痾=こじれて長引く病気
 ・呶=騒ぐ
 つまり「疲れて消えたい」という病が長引いて騒ぎ出すのが、痾呶退(たいあーど)です(キリッ

今までがAだったから、今後もAだ。それではAを越えない。A=地上に出ない魚とすれば、両生類は生まれないんだよ。けど、地上にシフトしたのは、生存できない弱者の魚。回遊魚人類、定置魚人類に対して、両生類人類を志向したい。

 なんとなく現状に満足できなくて、壊したいって思っていた。
 その時に並行して思い出したのが、進化論。
 魚類から両生類になるのって、すごくない?と。
 ・定置魚人類=現状でもう満足している人類
 ・回遊魚人類=現状では満足できないけど、動いたらもう満足な人類。
 結局、なんだかんだ言って、常識という海から出れてないじゃん?と。
 私は、常識という海から飛び出したいという気持ちを表現したのが、両生類人類だった。

あー。自分に限界決めちゃダメっちゃわかってるっちゃ。けど、いろいろ世知辛い。。。

 ただ単に「世知辛い」と言いたかった。
 あと、「ちゃ」を重ねてふざけたかった。
 そんな中で、人生の辛さを、「ちゃ」という軽い言葉で乗り越えたいと。
 だが、虚しさしかなくて、それが世知辛いなー、と。

マジメだと、パンチ足りん。崩してちょけると、マジメにやれ。じゃ、いったい俺はどうしたらええねん!

 就職活動で、行ける!と思っていたとある企業さん。
 そこの面接でのフィードバックがパンチ足りんだった。
 一方で、別の会社さん。
 グループ面接で「この一年で、一番幸せだったことを簡潔に」に対して。
 真っ先に手を挙げて「彼女できました」とちょけた。
 なんか空気が一気にシーンとなった。
 とっさに「戦略を立てて実行したら叶ったんです」みたいな話を語った。
 だが固まったまま。これが、東京なのか?!と衝撃だった。
 で、最後にフィードバックで「君、マジメにやろうか」と言われた。
 それを思い出して、憤りを感じた時の言葉。

夢とか目標がない。正社員でないとダメなのか?と思う。社会にインパクト与えれるabilityない奴に生きる価値あるんかなー。生保かけて飛ぶ方がよっぽど貢献できんじゃない?(お金回すという文脈で)

 自分に自信がなくなった時の言葉。
 メール整理していた時に見つけた面接(落ちた時の)フィードバックメール。
 そこに、「君がやりたいことが具体的に見えなくて残念でした」と。
 それ含めて、自分がいったい何したいのか、まったくわかってない。
 そして、「ユダヤ人大富豪の教え」で読んだ。
 お金持ちとは、お金をうまく出せる人である、的な話を思い出した。
 もしかして、生命保険かけて飛んだ方が回せるんじゃないの?と。 


実生活

薄Tシャツ、アウターステテコ、メッシュ靴。全身3000円。防御力3とか。それで東京駅闊歩とか。ドラクエ1でバグって、ラダトームから竜王の城飛んでしまったようなもん!しらんけど

 相変わらず「しらんけど」をつけるのがマイブームだった。
 さて、東京駅の多目的トイレでスーツから着替えた後で、一瞬、気後れした。
 その時に感じた気持ちが、まさにドラクエ1のバグだった。
 ビジネス終わりのスーツパーソンの中で、ラフすぎる格好。
 視線が痛い、痛い、
 改めて全身見たら、服装だけで3000円。
 その時に曳いていたスーツケースよりも間違いなく低い。

電車の車掌さんと、電車好き少女の、ガラス越しの心暖まる交流。または。車掌さんと、テロリストのガラス越しの交渉みたいな原作思い付いた。で?

 電車の最後尾車両に乗った時。
 小さな女の子がお父さんと手を繋いで、車掌さんの動きを見ていた。
 その時に、ふと思いついたのが、「ガラス越しの心暖まる交流」を物語にできないかな?と。
 同時に映画「フライトプラン」を思い出した。
 愛する夫を亡くした女性が子供と一緒に搭乗した飛行機で、子供がいなくなる。
 機内で渡されたFAXで、子供も夫と一緒に亡くなった、と書かれていたが・・・。
 というストーリーライン。
 それと、映画「交渉人 真下正義」を同時に思い出した。
 そこから、車掌が交渉人となって、テロリストと戦う物語できないかな?と。

 

フライトプラン [DVD]

フライトプラン [DVD]

 

交渉人 真下正義 スタンダード・エディション [DVD]

交渉人 真下正義 スタンダード・エディション [DVD]


 

No eating...i slept for over 10 hours...headache, little energy to move

 10時間寝た。
 単純に、何も食べなかったからなのか。
 それとも、低気圧のせいなのか。頭痛があった。

世界三大残念風物詩…ミニスカから伸びるキレイなおみ足に「おっ」と思い、顔見たら残念だった、夏。
世界三大残念風物詩…ゲレンデを颯爽と滑るイケメン、ゴーグル外して出てくる別人(不細工)。

 電車内で、一番目の残念なのを見た時に思いついた。
 世界三大と銘打ったくせに、ぜんぜん出てこなかった。
 友人がスキー部で、二つ目はふと思いついたけど、三つ目は出てこなかった。


企画

電車内で、だるまさんがころんだ、をする。運転手側スタート車掌前ゴール。慣性対策も戦略に入れるコトで
だるまさんがころんだ in 山手線ー慣性すら僕らを止めないー。車両ごとに鬼(振り替える人)がいて、タッチしたら、隣の車両へ。in 大阪環状線verなら、ー慣性ですら僕らを止めへんねん

 電車シリーズ。
 なんか法律スレスレ、究極にブラックに近いグレーゾーンでアホなことしたいな、と。
 そう思って思いついた。
 だるまさんがころんだ in 山手線
 通勤ラッシュをぶちこわしたい気持ちだった。
 サブタイトルとしては、
 ・電車の中でGo
 ・ヒトゴミの中でGo
 ・通勤電車でGo
 ・通勤電車戦争
 ・通勤をぶち壊していけ
 ・通勤ラッシュとの戦い
 ・通勤ラッシュに負けない
 ・負けられない戦いがそこにもあった
 ・第二次ラッシュ戦争
 ・慣性との戦い
 ・感性と慣性が出会ったら
 ・感性と慣性から生まれる、歓声
 ・慣性すら僕らを止めない