たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

この一週間で得た何か。

この一週間くらいで、ベンチャー経営者、ノマドワーカー、人材コンサルと言った方と話す機会があった。そこで考えたコト

 

1.私は「自分より他人」

自分のコトを話すより、人の話を聴く方が好き。

就活って、その人を判断する機会だから、その人からの話で判断する機会だと思うけど。逆に、その人から質問させて、その質問の質で判断する就活ってあってもいいんじゃないの?って思った。会社のコトをきちんと調べたら、他にも知りたいことはいろいろあるだろうしさ。それで熱意が判断できると思うんだよね。

それに、質問の切り口でも思考がわかるよね。

塾講師をしてきて、その子の力ってのは質問の仕方だけでわかるんだよね。

 

2.私は「織田信長」に憧れている。

織田信長。破天荒な人生で死んだところが、男気を感じる。

それと、社会の常識にとらわれないで変革してきた点は見習いたい。例えば、合戦に鉄砲を持ち込んだ。それまでってのは、1対1の戦闘が基本だったんだけど、鉄砲によって1(鉄砲)対不特定多数、の構造に持っていき、効率的になった点。市民視点で楽市楽座を導入した。モノを売ろうとすると、「座」に対して一定のお金を払わないと売れない時代であったのだけど、それを廃止して、さらに全国展開していった点。

これって、今の日本を変えるのに必要な視点なんだと思うんだよね。

そういう憧れだけじゃなくて、「鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす」なんて、似ているって感じる。たとえ面接官(ホトトギス)であっても、気にくわない(鳴かない)なら、かみつく(殺す)ところなんて、そこじゃないか。鳴かないからってホトトギス殺さないのと一緒で、気に入らないからって面接官にかみつくなんてふつうしないから。