たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

キャリア×グローバル=COURRiER JAPON

 

COURRiER JAPON

世界中の雑誌・ニュース記事を和訳して集めた雑誌。

 

COURRiER JAPON 5月号

キャリア×グローバル、をテーマ。

自分がちょうどキャリアを考えるまっただ中、というか崖っぷちにいるからか、先が何もないから、非常に考えさせられた。まー、キャリアは常に考えていかなあかんねやろな。それが修士出た意味。

ファーストキャリアをどうしようか・・・と。個人的には、大学院進学の時点がファーストキャリアだと考えているので、正確にはセカンドキャリアかな。ドメスティック企業か、グローバル企業か。でも、景気が悪いという世相からいくとドメスティック企業に行く意味が不明。

あと、日本で有名企業に行ったところで、そこで何を成し遂げたのかが重視される中で、大企業に行っても、そこまで成し遂げられることがないと思う。分担作業の合作が日本の特徴だから、全体観を持てないのは辛いんだろうな。小学校からずっと全体観を持たない分担ばかりだから、MBA留学が少ないのではないかと考えている。

 

さて、キャリア以外ですと。

「日本」を日本人以外の視点で見たらどうなのって。改めて、自分の国について考えらる。

アベノミクスについては大半が日本人視点の記事しかなく、格差がどうのこうのってやつばかり。見飽きてた。それをイギリスからの視点で見ると・・・という記事。

福島の件と、ファックスをなぜ使うの?という2つ。

 

全体を通じて、読んでると、TEDと関わる話がちりばめられている。

特に、リーダーシップが最近、注目されているからか。

ここでもリーダーシップについて書かれてある。

 

フランスでは軍隊研修でリーダーシップを学ぶ的なストーリーは興味深かった。

 

 

Derek Sivers "How to start a movement"

http://www.ted.com/talks/lang/ja/derek_sivers_how_to_start_a_movement.html

 

2minという短い時間で、リーダーシップを見せてくれる。

これ見た後だから、記事「あなたの性格はこうしてつくられた」の意味がよくわかるという。。。