たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

帝国データバンク 1次面接のところまで。

帝国データバンク

 

業界は企業信用調査会社

会社の調査をして、信用を与えて、社会をうまく回そうって会社。

バックオフィスでは電話を受けたり、報告書チェックとかの業務。

リサーチ員は企業の社長とお会いして、話を聴いて、点数化。

そこから派生して、コンサルティング的な業務まで行なっているらしい。

 

企業信用調査会社について

この業界の競合他社は少ないのはでかい。

あとは、東京商工リサーチが大手。

日本の企業信用調査会社だと、9割がこの2社。

6割が帝国データバンク、3割が東京商工リサーチ

海外だと、ダンアンドブラッドストリート(世界最大手)とエクスペリアンが強い。

 

帝国データバンクを目指すなら

インターンは狙うべき。

俺は就活初めてから存在を知ったので遅かった。説明会には参加。

 

説明会

企業信用調査会社のなんたるか、を解説してもらって、帝国データバンクの特徴について教わって、隣の席の子とグループワーク。それぞれ社長役とリサーチ員役で、面談してその結果で点数をつけるのを交代して行う感じ。

 

ES(web)

かなり普通。

おもしろいのはアルバイト歴をかなり詳細に書き込んだりする。

あとは志望理由+自己PRくらい。志望理由はコンサルの使いまわしで、ぼんやり目に書いたから、面接でハッキリさせる戦略でいった。(時間なかったし)

 

webテスト

暗号とか、一般常識とか、時事問題とか、幅広い。あと、難しい。

それほどできた自信はなかった。。。とりあえず、一般常識と時事問題くらいは落とさなければいけるんじゃないだろうか。

 

1次面接

1:1の面接10分を3本。

若手→人事→課長級

だと思う。壁でテキトーに仕切られているだけだった。

 

それぞれ聞かれたコト。

若手・・・ただの会話。大学で何してたの?どういう業界?なんで帝国データバンク?とか。

人事・・・かなり深堀りされた。働くことについてどう考えているのか?をしっかり見られていたんだと思う。

課長級・・・ただの会話。将来どうしたい?とか、たぶん入社した後の上長面談に近い形式なんだと思う。

 

その3本立ての後で、筆記テスト第二弾。

・自分が選考受けてる会社を評価した作文

帝国データバンクの行動指針を書け。

「現地現認」「プロ意識」「チャレンジ」「お客さま最優先」

ミスって「顧客優先」と書いてもうた・・・。

・与えられた語句を含めて作文

以上を20分で、とか言われるけど。時間は各自判断とかでテキトーにやろうと思えばできる。