たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

雑草が見下ろす石ころの話。

人の気持ちが見えない。

他人と、物語の登場人物の違いがわかんないよね。

そこにある心理は、ダイナミックでリアルタイムに動くものじゃなくて、俺の感性でとらえるしかない。俺の中でしか世界が回らない。黒のゴミ袋の中身が、りんごなのか、紙なのか、はたまた人の遺体なのか、わかんないのと同じ感覚。

 

言葉を掴めない。

何を聞きたいのか、ストレートに聞いてほしい。

どうやら阿吽の呼吸というのがあるらしいことを、面接対策の本を5冊くらい読んで知ったんだけど、いまいち理解できない。言葉に対して、どういう意味がこもってるのか掴めない。下手すれば、すべての質問を逆に聞き直してる。阿吽の呼吸型の人間が苦手。貝類と、阿吽の呼吸型は同じ。寄生虫と、本音がどっちも見えなくて気持ち悪い。

 

絶望的なくらい社会人失格。

何が問題かって、わかってる。

思うことを何でもストレートに言葉にするところ。

それを良いと受け止める人と、受け止めれない人がいて。

どっちかと言うと、後者が多い。

 

だから。

不景気だ・あーだこーだ言ってんだろうが、クソジジイどもが。