たけちゅさん宅

たけちゅが思ったこと、したこと、つれづれなるままに

カガクの話

再現性とは何か。

再現性とは何なのだろうか。人間は現象のすべてを観察する術を持たない。 ある関数fで表現できる現象について、f(a)を観察できても、その点の大きさを無視していてf(a+⊿a)とf(a-⊿a)のうち片方のみを観測しているに過ぎないかもしれない。点の大きさ|f(a)|を…

鼓膜の進化論と、音声認識の話。

哺乳類と爬虫類-鳥類は、独自に鼓膜を獲得 | 理化学研究所「音」を受け取ることができるのは耳だけである。 これは陸上脊椎動物(哺乳類、鳥類、爬虫類)では共通である。 その仕組みは、鼓膜で空気の振動を受け取り、中耳骨を通じて神経伝達がなされている…

「発がん性」の怪しさ。

「発癌性物質」と呼ばれるモノが存在する。 しかし、肝心の発癌のメカニズムがわかっているのかと言えば、否である。なのに、なぜ「発癌」だと主張できるのか疑わしいのではないか、と思った。 IRAC発癌性リスクとしてリストアップされている物質群は存在す…

タンパク質のお話。

細胞=街、タンパク質=建物、DNA=設計図 動植物は多数の細胞から構成されている。 細胞はタンパク質などの集合体である。 特にタンパク質は、細胞が働くキーとなっている。細胞はリン脂質と呼ばれる膜で囲まれている。 細胞を一つの街とすれば、このリン脂…

利根川進博士の強さ

細胞に刺激を与えると、何らかの応答をする。 つまり、刺激を受けたことを「記憶」していると考えられる。そんなことをポツリポツリと考えていて、ふとマウスに偽の記憶を作らせたニュースを思い出して、そこから利根川博士のインタビューblog記事にたどりつ…

RSCのジャーナルに論文が通って。

RSC(The Royal Society of Chemistry)のジャーナルに出してどうにかacceptいただけた。 その経験で感じたこと。 1.あきらめない 別ジャーナルでRejectされた。 その後、英文の修正を主に施したのと、グラフの追加をしたが。いろんなところで「Rejectされ…

なぜ研究をするのか。改めて言葉にしておく。

今週のお題「今年の抱負」今年の抱負というか、なぜ博士課程にいってまで研究をしているのか、というあたりについて、改めて言葉にしてみたい。 細胞についての材料力学を構築したい。材料力学とは、機械や構造物に負荷が加わったときの変形や破壊を扱う学問…

自閉症スペクトラムとゲノミクス

自閉症スペクトラム障害の家族内での遺伝性 | Nature Medicine | Nature Publishing Group 自閉症スペクトラム障害の家族内での遺伝性 | Nature Medicine | Nature Publishing GroupNature Medicineより自閉症スペクトラム(ASD)を持つ170人の全ゲノムを…

合成生物学について調べていてふと思った。

人造人間(あるいは多細胞生物)が先か、人造微生物(単細胞生物)が先か。

糞を見る大人、金魚を見る子ども。

興味のある記事があったので手にとった「応用物理」という学会誌の1月号。 その「応用物理」誌にノーベル賞受賞記念で寄稿されている天野先生の話に驚愕した。 1987年の応用物理学会の名古屋大学での発表にて、天野先生、赤崎先生、座長、他1名のみだった…

学術論文を書いていく私へ。

Why?と三回尋ねましょう。 そこから英語を書いていきましょう。 そして、さらに3回尋ねましょう。 だいぶと修正できます。 私は天才ではないので、全然足りません。 しかし、そこでうんぬん唸っても、何もひらめきません。だって賢明ではないから。 一週間…

問題解決力以上について。

価値ある博士号取得者に必要なのは「問題解決力」以上 価値ある博士号取得者に必要なのは「問題解決力」以上 : 大隅典子の仙台通信 大隅先生の記事。博士号取得者に求められるものは「問題解決力」以上というもの。

動物実験反対もまた人類のエゴなり。

博物館での死体解剖イベント、中止! 博物館での死体解剖イベント、中止となる! | NPO法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA) 個人的には、残念である。反対意見として。 命があったものだから~、と言ったものが目立つ。しかし、その意見を持つ人は「ヒト…

男子スカート論

男性はスカートを履くべきだ。 と思う一つの理由。 陰嚢への負荷を減らすことになりそうだから。ズボンとスカートを比較した際には、大きな違いとなるのは股関節部。 ズボンであれば股関節部にも布がきちんとあるのに対して、スカートであれば股関節部に布が…

男性不要社会?

生物のニュースニュース - 動物 - オスの存在しないアリを発見 - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)オスが存在しないアリがいる、と言う発見。 ハキリアリと呼ばれる種類では、オスが存在せず、女王アリによるクローン生成だけにな…

遺伝子組換えのニュース(個人的まとめ)。

遺伝子のニュースその1Genetically Altered Bacteria Prevent Mice From Getting Fat | Popular Scienceマウス体内に存在する大腸菌を遺伝子組換えによって食欲減衰を引き起こす分子の元を産出させることで、マウスの“ダイエット”に成功したという論文。 こ…

Birth and death.

The birth and death of this universe is homologous to these of cells.

恋愛と運命の人について、数的シミュレーション考。してみた。

恋愛と運命の人について、数的シミュレーション考。 - たけちゅさん宅 というわけで。 最近大好きなRを使って遊んでみた。 まず、1度試してみた。 最初は1から3,600,000,000の中からランダムに200個の数字を作り出す。floor(runif(200,min=1,max=3600000001)…

どおりでボクの周りは『骨』だらけなのか。

飽食ニッポンはどこへ行った+不況では脱原発は進まない一人あたりの「エネルギー」および「タンパク質」の摂取量を調査した結果がこちらの記事。厚労省が発表している「国民健康栄養調査」の結果をまとめたもの。タンパク質はオイルショック以降からずっと…

白人優越主義者のくだらない(=擬似科学的)研究のニュース。

White babies just 15 months old show racial bias when picking playmates, study found | Mail Online15ヶ月の幼児が遊び仲間に対して人種の違いを認識するそうだ。実験1 15ヶ月の幼児たちに、二人の白人がおもちゃを与える。一人は平等に、もう一人…

数学教育がダメだ、と感じる話。

数学=暗記科目、ではない。 だが、日本の数学教育は暗記科目にしてしまっている。 そして、それは「つまらない」のだ。 だから理系離れが進んでいるのではないか、と提起。 暗記科目にしてしまっているのが、数学の「公式暗記」だ。 今まで出会った大半の大…

Journal Club(文献会)について思う徒然。

理系のLab.だと、よくある(はずの)ジャーナルクラブ。 当研究室では「文献会」と呼んでいる。 要するに、担当者が文献を読んでその解説をして、他のLab.メンバーからの質疑応答に答えるゼミみたいなもの。このジャーナルクラブ(文献会)について、いろい…

ジャンケンで勝つ方法についての研究

Scientists find a winning strategy for rock-paper-scissors | Ars Technicaおもしろい論文を見つけた。 ジャンケンで勝つ戦略についての研究。360人の学生を6つのグループに分けて、ランダムにペアを作らせて、300回ジャンケンをさせた実験。勝った場合に…

日本生物学オリンピック

日本生物学オリンピック日本生物学オリンピック(20歳以下対象)の申し込み期限が今月末らしい。 化学グランプリと、日本数学オリンピックはどういう形式なのか、よく知っていた。 しかし、生物学オリンピックがどんなものなのかよくわからなかったので、な…

"AFM analysis" 翻訳してみた。

AFM解析 1986年。ゲルト・ビーニッヒによって原子間力顕微鏡(AFM)が開発された。AFMは走査型トンネル顕微鏡(AFMの前身)の測定限界を越えることを主な目的として開発された。走査型トンネル顕微鏡(STM)は、トンネル電流を流す試料のみ観察できた。しか…

カガクの話1

「細胞」 私たちの身体はすべて「細胞」というパーツから構成されている。 中学理科で習う事項であり、もはや一般人にとっても「当然」であろう。 「五感」 視覚、聴覚、嗅覚、聴覚、そして触覚。 ふだん、特に意識することもなく(*注:その機能が喪失して…